世界の絶景ドライブ 死海周辺ドライブ(イスラエル編)

Dead Sea Area Drive (Israel) דרייב ים המלח (ישראל)

 

 

 

  • 日本人にはあまり有名ではないのですが、息を飲むような美しい中東の死海周辺のドライブを紹介します。

  • さあ、死海に向かって
  • イスラエルはOECD加盟国、つまり先進国ですので道路網は完璧

  • 基本的に砂漠気候の国。日本とは全く違う風景に思わず車を停めて写真をとってしまいました。

  • こんな風景も


  • 今回の車はプジョー3008。
  •  美しすぎる景色に車をとめてしまいました

  • いよいよ死海が
  • ヘブライ語で
  • あまりにもきれいな海岸だったので
  • ここにある標識は
  • 海抜ゼロメートル!
  • ここにも


  • 不思議な色です
  • 先進国なので展望台が整備されています。
  • みんなここに。


















  •  マサダ  מצדה












  • 死海で泳ごう  לשחות בים המלח



  • 駐車場がありました。パーキングメーター式の有料駐車場です。ヘブライ語の他に簡単な英語の説明も書いてありすぐに使えます。



  • 大量に売られていた「ウォーターシューズ」。ビーチサンダルなどもありましたが、圧倒的多数だったのが水中で履くことを前提としたこれ。その理由は・・・後程わかりました。
  • ここで泳ぐ人用に、トイレと更衣室が完備されています。しかも物価高のイスラエルではありえない「すべて無料!」
  • さてさて、いよいよ湖水に向かいます。ここはきれいなビーチ。砂の色は黄色です、
  • せっかく死海に来たんだから浮遊実験をしたくなり、売店でコーラを買ってみました。
  • 水に入ろうとしてふと気づきました。「一人で海水浴ってどうやればいいんだろう・・・」と。この時は一人旅でしたので、同伴者がいなかったのです。 治安が比較的良いと言われるイスラエルですが、財布は?車のカギは?カメラは?・・・と思いましたがもうあまり海水浴客も減っていたのでビーチに人気もまばらで安心して水に入れました。
  • さあ・・・と水に入りました。そんなに冷たくもなく、意外と普通かも・・・。
  • うう。。。水はそんなに冷たくはないですが・・・。
  • お見苦しい写真、すみません。でも”死海に浮いたよ”という証拠を残したくて・・・。
  • 実は砂浜の砂が終わったあたりから、足の裏には激痛が・・。救ってみると、非常に固くてトゲトゲの塩(正確には塩化マグネシウム)の大きな結晶が湖底をびっちり埋めていました。だから先ほどの売店でウォーターシューズを売っていたわけです。




  • 夕暮れの死海


















  • エンゲディ


















世界の絶景ドライブ  

死海周辺ドライブ(イスラエル編)

 「

 


 こちらも

アマルフィ海岸  Costiera Amalfitana

同じ写真が多数ですみません。作者が同じなので・・