TOYOTA NOAH.HONDA N-BOX.TOYOTA CROWN etc

TOYOTA NOAH (R80G/W)

X5では多人数の時少々不便、という悩み?を解消するために、妻の車としてトヨタ ノア NOAH(R80G/W型)も所有しています。この車は海外赴任先から帰国寸前、トヨタのwebサイトで見積もりをして、日本の自宅近くのトヨタカローラ店さんとメールなどでやり取りをして、現車も見ずに既にディーラーに入庫していて即納できるグレードを購入確約。帰国後すぐに住民票登録、印鑑登録、車庫証明取得を最速で行い数日で乗りだし・・という自分でも初の方法で購入してみました。実は海外赴任前も同じディーラーでノア70系(以下で紹介)を購入し、担当者とも顔なじみ、という状態だったのでそれでも不安が無かったのです。

ノアはさすが国内激戦クラスミニバンということで細かな所まで良くできた車だなぁ・・・と思います。トヨタってやはりすごい。

エンジンは1,986cc 直列4気筒DOHCの 3ZR-FAE型。
先代ノアで標準化(?)されたDualVVT-i バルブマチックのエンジン。
内径×行程:80.5×97.6 、圧縮比:10.5

最大出力112kW(152PS)/6,100rpm

最大トルク 193Nm(19.7kg-m)/3,800rpm。今回は4WDが欲しかったので、ハイブリッドではなく、このガソリンエンジン一択でした。

ということで、日常はこんな感じ・・・・だったのですが・・・。


HONDA N-BOX (JF1)

ある日ふと「やっぱり普段用には軽自動車があるといいね」という会話になり「ちょっとお店に見に行くか」となったら、お店で話をしていたらあれよあれよと言う間に結局、軽自動車を購入してしまいました。(・・・・妻の気が変わらないうちに・・・と思わず買ってしまいました)。HONDA N-BOXです。

軽自動車なので・・・。車種にこだわりはなく、近所のコンビニや、子どものお迎え、通勤などに使えればいいので、本当になんでも良かったのですが、どうせ買うなら、今はやりのスーパーハイト系で、評判がよく、売れているというN-BOXにしてみました。


豪華装備のカスタム系も売れているそうなのですが、普通仕様のJF1型、ごく普通のN-BOXです。・・もう次モデルが出てしまいましたが。

軽自動車とは思えない堂々としたボディ。

運転席もベンチシートで広々。これならば買い物した時、荷物を置くのにも困りません。室内は広く収納も多くよくこのパッケージングの中に納めたなぁと思います。

ちょっとした場所に収納もでき、細かな配慮が完璧な車ですね。ドリンクホルダーが付いただけでも感動してしまう輸入車と全く違う世界だな、と思います。

軽規格は全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m。

N-BOXは全長3,395mm、全幅 1,475mm、全高 1,670mmなので

規格的に長さ5mm、幅5mm、高さ230mmしか余裕がありません。厳しい軽規格内でこの室内空間を実現しているのは本当にすごいです。

軽自動車を所有するってこと自体が初めてだったのですが、普通車に比べ車庫証明の簡単さ、税金や各種諸経費の安さにビックリです。確かに日本中が軽であふれるのも分かります。ちなみにナンバーは流行りの白ナンバーにしてしまいました。

ボンネットの中です。動力性能は全くこだわりませんが・・・。

エンジンは 直列3気筒 DOHC 658mL の S07A型
内径×行程:64.0 mm×68.2 mm 圧縮比:11.8
最高出力:43 kW (58 PS)/7,300 rpm
最大トルク: 65 N·m (6.6 kgf·m)/4,700 rpm。・・・おお、DOHC、しかも可変バルブタイミングリフト付き。CVTはこのために新開発の小型軽量なもの、VSA(横滑り防止装置)までついているとなれば、高価になるのも分かります。

そうそう、冬に備えてスタッドレスはブリヂストンのブリザックVRX2にしてみました。現段階では一番評判の良いタイヤと言うことで、どの店を見ても値段が下がっていなかったのですが、結局ネットで注文してしまいました。それにしても軽のタイヤ、安いです。BMW X5なんか255/55R18 が標準なので、軽4本分出しても、BMWの1本分も買えません(泣)。 「・・・やっぱり、BMWは無駄か・・・」と思う今日この頃。

 

・・・・というわけで3台になってしまいました・・・自分のようなやつが何台も同時に持っていることに・・・・反省中。


TOYOTA CROWN 180系(通称ZEROクラウン)

家に180系クラウンが並んでいるときもあります。でも自分のものではなく(購入交渉は私がしましたが)父の車。ほとんど使われないので自分のサブとして使ってしまうこともあり、こんな感じの時も。

ちなみにクラウン購入時、セダンにこだわる父にM-Benz-Cクラスや3シリーズを勧めてみたのですが、やはり国産セダンに乗り続けてきた身には輸入車は選択肢にも入らないそうです(TOYOTAのディーラーさんと懇意にしていたことも大きいようですが)。近頃は国産車もかなり高価で、クラウンを買うのと、Cクラスや3シリーズを買うのと変わらないほどなのですが、父にとってはやっぱりクラウンが一番なんだそうです。

 振り返れば自分が小学生の時、ウチの家族のファミリーカーはC10型(ハコスカ)スカイライン2000GTでした。さすがにハコスカGT-R(KPGC10)ではなく、通常の4ドアでしたが、子どもながらに2000GTのエンブレムはカッコよかったことと、助手席の三画窓が気持ちよかったことを覚えています。覚えている限り、父はハコスカ-(その流れを受けてプリンス系で)グロリア-(気持ちが変わって?)クラウン-クラウン-クラウン-という車歴で「やや大きい車が好きなのは親のせいだ」ということにしようと、これを書いていて思いました(笑)。

シフトまわり。パーツの一つ一つがしっかり作られています。

シフトの+/-がbmwと逆です。

こうやって見ると、それなりにスポーティな感じ。このゼロクラは剛性も高く、走りも良く、非常に欠点の少ないモデルだと思うのですが、問題はパトカー、それも覆面パトカーに多い車種なので、高速をそれなりに流していると、なぜか他の車が逃げるような・・・と感じる場面もあります。

父の年齢もあって、ほとんど使用していないクラウン。いつもこうやって停まっています。

両親の家は自宅敷地の隣。・・・というよりも自分が両親の土地に家を建てました。母の車として軽(WagonR)があり、さらに年に数回しか使わない軽トラ(キャリー)があります。ガレージや倉庫は両親の家のものを使わせてもらっているので、換えタイヤなどは両親宅のガレージ内にあります。両親の車のメンテなども私ができることはやりますが、何といっても走行距離が極端に少ないのであまりやることはありません。冬用のタイヤ履き替え程度でしょうか?タイヤ交換は6台分なので、そこそこ大変。ガレージにはエアコンプレッサーもあるので、かつてはエアーインパクトレンチを使ったりもしましたが、高圧ホースをとりまわすのが面倒なので、最近は手作業で半日かけてやっています。電動トルクインパクトレンチを買おうかと思いましたが、また道具が増えるのも煩雑・と思案中です。


TOYOTA NOAH ZRR7#G/W/R

ここからは、今は手元になく、かつて所有していた車を紹介します。

80系ノアの前に乗っていました。先代のTOYOTA NOAH(ZRR7#G/W/R型)です。2人めの子どもが生まれ、時には両親を連れて移動するとなるとやはり3列シートのミニバンの方が何かと都合がいいな・・・と考えましたが、私が、自分のファーストカーが国産ミニバンになることがどうしても我慢できず、結果的に妻に新車で買ってもらいました。アルファ―ドなどには及びませんが、自分程度の人間には十分すぎるほど良くできた車です。室内は広いのに5ナンバーサイズで、細かな所までしっかり作ってあり、日本の道にはまさに最適、という感じです。

サイズ感がちょうど良く、車幅を抑えてあるのが妻には好評でした。

個人的には、あまり好きにはなれないセンターメーター。80系になってもどりましたね。

5ナンバーサイズで、8人乗り、4駆、電動スライドドアと日本でのデイリーユースには最適なパッケージング。

当然乗りつぶす気でいましたが、自分の海外赴任が決まり、まだ初めての車検も受けていないのに(つまり3年も乗らずに)売却することに・・。 でも売れ筋車種の、売れ筋グレード、4WDで装備もそこそこ(電動スライドドア、HDDナビ、後席フリップダウンディスプレイ、バックカメラなどなど)。その上、遠出の際は「パパが運転=メルセデスで行くのでノアは使わず」という「超低走行距離車」という要因も重なり、ビックリするほど良い値段で買い取りしていただきました。


MITSUBISHI PAJERO Y-V46W


バブル期の大ヒットモデル、三菱パジェロ(Y-V46WG型)。2800ディーゼルターボ7人乗りロングボディー。父が仕事用に新車で買ったのですが、あまり使わなくなったので自分が譲り受けました。

V46系のスタイルは今見てもすっきりしていて歴代パジェロの中でも傑作だと感じます。


直列4気筒 SOHC 2835 cc 4M40型、インタークーラー付きディーゼルターボ。圧縮比 21:1、最大出力 103 kW(140 PS)/4000rpm。 最大トルク 314 N·m(232 lb·ft)/2000rpm。ガソリンエンジンに慣れてしまっていると最大トルクが2000rpmで出るという特性にオオッとさせられます。

本格クロカン系SUVではありますが、スクエアな形状、高い車高、ということで室内はゆったり。高い乗降を気にしなければファミリーカーとしても優秀です。

3列シートの様子。やはりほとんどは収納していましたが、このタイプの3列目にしては居住性がよく、足元を除けば大人でも快適なレベル。

トルクフルなエンジンのおかげもあり、2.6tの巨体の割には意外と良く回るステアリングで取り回しも苦労せず、街乗りも苦にならず、着座位置も高いため見晴らしも良く、売れまくった理由も良くわかりました。

今となっては質実剛健なハンドル回り。武骨な感じが良いですね。


HONDA CR-V(RD1)

学生終了後、つまり妻が就職してから最初に買った車です。今は非常に高価になってしまったCR-Vですが、この初代が発売された時は、それほど高くない値段設定になっていました。

今や当たり前になっている乗用車ベースのSUVの先駆者とも言えるモデルで、乗用車感覚で運転できました。

このハンドル回りが当時のホンダ車という感じですね。シビックベースとのことですが、悪路を走らない自分たちには十分なもの。

ホンダの中型車種用直列4気筒の系統B20B型エンジンです。

:DOHC 2.0L 内径×行程:84.0×89.0 圧縮比:9.6
最高出力:110kW(150PS)/6,300rpm
最大トルク:184N·m(18.8kgf·m)/4,500rpm

派手さはありませんが、車重が軽いので十分な性能だと感じました。

4駆といっても、デュアルポンプ式のスタンバイ4WDのため、スタックの脱出性能などに難があると言われた駆動方式です。しかし1.4tを切る軽量車重ですので、普通の雪道でも全く問題はなく十分に使えました。

海に、山に・・・いろいろな所に。

ということで、3ナンバーが3台並んでいる時もありました。しかし運転者が夫婦2人しかいないのにさすがに無駄だろ、ということになり、売却したり手放したりしました。(ただ持っているだけの時期は気にならないのですが、4月の自動車税、任意保険の更新の時期には「これは無駄だなぁ」と改めて感じていました)。まぁ・・。N-BOXを買ってしまった今と変わらないと言えば変わりませんが・・・。


NISSAN MARCH e-4WD (K12)

NISSAN MARCH。K12系と呼ばれる3代目のモデルです。帰国直後、とりあえず車が必要だった時、親類から譲り受けました。

1386cc 直列4気筒のCR14DE型 自然吸気エンジンです。ボア(内径)73.0mm、ストローク(行程)82.8mm、ボアストローク比1.13のロングストローク型です。つまり低回転域重視の、街乗りにふさわしい特性ですね。車の性格上、良い設定だと思います。

4人がしっかり乗れて、荷物もそこそこ載せられる車です。軽自動車、とまではいきませんが、十分にコンパクト。

e-4WDを実現しているモーターとギアボックス。これがあるだけで雪道坂路発進も安心確実です。ちなみに日立製作所の業務用洗濯機のモーターを流用しているのは少し有名な話。マツダのデミオやベリーサのe-4WDも同じものが使われているそうです。

やっぱり日本車

・・・ものすごく矛盾していることを書きます。

外国産の輸入車を紹介しているサイトですが、やはり日本で普通に自動車ライフを送るとすると、日本の車は欠かせません。

もっと言えば、色々考えると、日本で所有する自動車とすれば日本車が一番だと思います。使いやすく、値段も安く、何よりも壊れない!!

本当になんて素晴らしいんだろう、と思います。

 ただ、自分は輸入車に日本車にない魅力があり、それが大好きなので輸入車に乗っています。しかし、経済的にそれほど豊かではないので、4ケタ万円もする輸入車を新車で買う経済力はなく、中古車を買っています。

 しかし、妻をはじめ、自分の両親は、普通の(というかまともな)考えの持ち主なので、国産車をきちんと新車で買い、きちんと乗り続けています。

 

 このサイトは輸入車との付き合いを紹介したサイトですが、比較対象の意味も含めて、我が家の国産車達を紹介します。